弁護士にもHELP!|士業のプロが解決できるのですぐ相談

弁護士

裁判が必要な時

交通事故での後遺障害の発生。

Book

ひどい交通事故に遭いますと、被害者の方の身体に、ずっと後遺障害後遺症が残る場合があります。これは、治療を受けた病院の方で診断をしてもらい、その後症状固定という段階になりますとその判断が可能になります。また、その後も発症して認定がされれば、その後遺障害に伴う交通事故の損害賠償の請求が可能になります。身体の損害における交通事故の賠償額は、その認定された額によって大きく変わってきますので、後遺障害の等級認定そのものに不服があれば、もちろん不服申し立てができますし、別途民事裁判を提起して、裁判の結果をもって解決を図る方法もあります。そのような場合は弁護士を付けて、それぞれの損害品目を挙げていくことによって請求額を上げていくことができます。

裁判における救済を求める。

残念ながら、国内の保険会社では任意での支払額が低額に過ぎることが多くて、この点では外資系の会社の方がサービスがよいという印象があります。現に外資系会社で裁判になっている例はほとんど見かけませんし、保険金不払いとなっている保険会社は国内の特定会社に絞られています。これらは本来あってはならないことであり、諸外国の法人を見習って、是正されるべきものだと思いますが、なかなかそのようにはなりません。そこでどうしても弁護士を付けて、時間と費用をかけて裁判をすることになります。そして、それによって当初の提示額よりもずっと高額の支払いを受けることが多いと指摘されています。なかなか問題の多い交通事故の後遺障害の請求ですが、現状ではその方法をとるのが一番確実と考えられます。