弁護士にもHELP!|士業のプロが解決できるのですぐ相談

弁護士

債務を整理する

債務整理についての概要

woman

債務整理とは、返済困難な債務を法的に片づける方法です。弁護士や司法書士といった法律家または裁判所を介して行うため、後々のトラブルを残すことなく借金の整理ができます。 整理方法は、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つに分類されます。 任意整理と特定調停は法律家または裁判所を介し、債権者との交渉で利息分のカットをしてもらい残りの債務を原則3年で完済する方法です。個人再生は手続きを取り借金を5分の1もしくは100万円まで減額し、原則3年で完済をする方法です。自己破産は一部の財産と引き換えにすべての債務をチャラにしてももらう方法です。 どの手段がいいのかは債務者の条件に応じるため一概ではありません。そこで専門家への相談が必要になってくるでしょう。

整理方法を専門家に相談する

債務整理はあくまでも最終手段です。よって、債務整理の前に返済のためにできることをし、それでも返済が難しいのなら整理しましょう。 債務整理前にできることは、返済計画を立て直す、おまとめローンを活用するなどがあります。 借金が嵩んでくると初めのころに立てた返済計画が通用しなくなってきます。そのため第一に返済計画を立て直してみる必要があるでしょう。この時に返済シュミレーションを活用したり、業者の担当者に相談して計画を立て直すのもお勧めです。 次におまとめローンですが、こちらは複数社の債務を1社でまとめてしまう方法です。借金の管理や返済計画が立てやすくなり、これで完済できたという人も少なくはありません。 いずれにしても素人では判断できないので、まずは金融庁にて紹介されている債務相談機関に相談してみるといいでしょう。